【療育ラボ】運営者の経験を基にした療育のお仕事に関してのカテゴリ

療育のお仕事

療育の現場が求めている人材│療育のお仕事

具体的にどんな人材が求められているのかを具体的に書いており、今回紹介する内容は資格や実務経験などは関係なく意識して本気で取り組めば誰にでも出来る可能性がある内容になっています。療育の仕事に就きたい方、転職を考えている方などに向けた記事になっています。
療育のお仕事

療育の現場1│療育のお仕事

運営者:田中 今回は「療育のお仕事」カテゴリのまとめページを作りました。 「療育の現場」に特化して、仕事内容や現状を紹介していきます。 1 療育の現場 私はこの記事を書いている現在も、本業...
療育のお仕事

無料研修資料│タイムマネジメント研修

仕事の優先順位を決めるには「重要度」と「緊急度」を考えていきます。緊急度は高いけど重要度が低い仕事、例えば「後5分でゴミ出ししないとごみ捨てが3日後になってしまう」は、忙しい管理者がやる必要性はありません。指示をすれば5秒で終わります。
療育のお仕事

現場と経営者の考え方の違いと対処法│療育のお仕事

そのストレスから脱却するには「諦めて次を探す」ことです。私は断然こちらをオススメしますし、実際に私はそうしてきました。それで生活が立ち行かなくなるのは問題ですが「想い」があれば仕事は必ずあると思います。特に「有資格者」で「運転可能」あればほぼ確実にあると思います。
療育のお仕事

児発管ってどんなお仕事?│児発管のあるべき姿

その名の通り「障害児の保育」や「療育」うぃ受けるにあたって不可欠な「個別支援計画」を作成する大切なお仕事です。児童発達支援施設には必ず1名以上の配置をしなければならない事から、福祉業界の中ではお給料もよく、安定して勤められる人気のお仕事です。
療育のお仕事

福祉の専門家だけじゃない!?│求められる資格とスキル

療育の現場は様々な資格やスキルを持っているスタッフに支えられています。一見「私なんて大した資格もないし」なんて思っていませんか?「学生時代についでに取った教員免許」や「あんなに嫌だった保育士」が求められています。志がある方はもちろんのこと、どうせ働くなら条件のいい所で働きませんか?